院長紹介 | 療法院さくら

オスグッド・シーバー病・成長痛・肉離れ・捻挫・ギックリ腰 難病 福井市 整体 無痛ゆらし療法 療法院さくら

療法院さくら

お問い合わせ
痛みに悩む方一人一人に合わせた完全オーダーメイドの施術
従来のように「押す」「揉む」「叩く」などの方法は一切使わず
痛みに対し、今までになかった優しさでアプローチします

HOME > 当院のご紹介 > 院長紹介

ごあいさつ

院長 石崎 智之

顔写真はじめまして!
療法院さくら 院長の石崎智之です。


私は元々製造会社でサラリーマンをしていましたが、その時に生まれたある想い、「自分の為した仕事を受け取ったお客様の笑顔が見たい!」という想いが、私を施術家として突き動かす原動力になっています。会社を辞めてカイロプラクティックを学び、施術活動を始めましたがやがて、どうも自分の目指したものと違うような気がする…と感じるようになりました。ちょうどそんな時に偶然この無痛ゆらし療法と出会い、「これだ!」と私は直感的に思いました。ビビビッときたのです。


『痛み』は、それを感じているご本人にしかわからない感覚です。他の人にはわかりません。測定したり、検査して正確にわかるものでもありません。しかし、多くの体の不調の悩みはまさにこの痛みそのものではないでしょうか?


無痛ゆらし療法はこの『痛み』を解消することを追求した技術です。実際に施術している所をご覧になると、今までの整体のイメージとはだいぶ異なった事をしていて、「そんなので本当に効くの?」と疑わしく思われるかもしれません。私も初めて見た時はそう思いました。ですがそれは全て、

「体の調子が悪い、痛くて動けない、といった悩みを抱えている人を笑顔にするにはどうしたらいいのか?」

そのことだけを考えてたどり着いた一つの『答え』だったのです。無痛ゆらし療法は体の不調に悩んでいる人を『笑顔』にする為の技術なのだとわかったのです。


体の不調に悩むみなさんが 1人でも多く、1日でも早く回復して、毎日を健康で楽しく明るく暮らせるようになることが私の願いであり、少しでもその回復のためのお手伝いができれば……最高に幸せです!!



プロフィール

氏名
石崎 智之
生年月日
1977年12月6日生まれ
血液型
B型
出身地
福井県福井市
趣味
和太鼓

板垣地区の和太鼓グループでひっそり活動してます。

読書

特に好きなのは推理小説です☆恩田陸が大好き!

ミュージカル

2015年2月に市民ミュージカルの舞台に立ってからハマってしまいました♪現在も活動を続けています!

ランニング

毎年福井マラソンに出場してます☆ 2010年ついにハーフに出場しました!かなりキツかったです…が、ちゃんと完走しました☆そろそろフルマラソンを検討中!

好きなもの
公園

ぶらぶらしてることが多いです。足羽山は最高です。

映画

1人で観に行くことになんの抵抗もありません。

最近はパウロ・コエーリョとやはり恩田陸の小説にハマっています。おすすめ!

ミスタードーナツ

学生時代にアルバイトしていたこともあって、今でもちょくちょく食べに行きます。

スポーツ全般

高校ではバドミントン、大学ではアイスホッケーをやっていました。



経歴

小〜中〜高校時代
ほぼ福井で育ちました。何度か引っ越しをしましたが、高校 3年の時に現在の家に落ち着きました。
学生時代
富山県で大学時代を過ごしました。なので、富山にはけっこう詳しいですよ☆
工学系の大学でしたが、大学院に進学するとなぜか理学系の研究室に入ってしまい、毎日物理の実験と研究に明け暮れました。ガリレオっぽいですね☆
サラリーマン時代
卒業後、地元福井の製造会社に就職しました。3年ほど品質管理業務に携わり、たくさんのことを勉強させていただきました。
忙しい日々の中で、やがて自分にとって仕事とはなんぞや?という事を考えるようになりました。そしてその答えが見え始めた時、偶然にもいくつかのキッカケがタイミングよく重なって、「よし!会社を辞めて施術業界へ進もう!」と決意しました。それはもう誘われるような感じでした。
〜現在
会社を辞めてカイロプラクティックスクールに入学しました。卒業後、セミナーなどにも随時参加しながらカイロプラクターとして活動を始めました。
しかし学べば学ぶほど、施術すればするほど自分の中に漠然とした違和感が出てきはじめ、「この感じはなんだろう?」と悩んでいた頃に無痛ゆらし療法と出会いました。出会いのキッカケを与えてくれたのは 1人のオスグッド病の少年でした。
この時の私は、今までのモヤモヤにサッと光が射したような心地がしました。月並みな台詞ですが、「これだ!」と本気で思いました。
それからさっそく無痛ゆらし療法を学び、現在は無痛ゆらし療法 1本で施術を行っています。もちろん今でもセミナー等に参加して常に勉強を続けています。また、ボランティア活動にも積極的に参加しています。