捻挫の後遺症 | 療法院さくら

オスグッド・シーバー病・成長痛・肉離れ・捻挫・ギックリ腰 難病 福井市 整体 無痛ゆらし療法 療法院さくら

療法院さくら

お問い合わせ
痛みに悩む方一人一人に合わせた完全オーダーメイドの施術
従来のように「押す」「揉む」「叩く」などの方法は一切使わず
痛みに対し、今までになかった優しさでアプローチします

HOME > 症例解説 > 捻挫の後遺症

症状のクイック解説

捻挫後遺症とは?


一般病理学によると
後遺症とは「急性期症状が治癒した後も、機能障害などの症状が残ること」とあります。
捻挫治癒後、可動範囲の狭窄、違和感、チクッとした痛み、シクシクした痛み、ズーンとした張ったような痛み、ある方向に曲げた時だけ出る痛みなどがある場合、捻挫の後遺症の可能性があります。



無痛ゆらし療法では
それらの症状による緊張を取ったり、骨位置の修正などをすることによって可動範囲の狭窄、違和感、痛み等の捻挫後遺症の短期回復を実現しております。


お問い合わせはこちらまで!

症例一覧メニュー

ご覧になりたい症状名を
クリックしてください

頭・首・肩の症状

腕・肘・手の症状

腰・股関節の症状

膝・脚の症状

内臓・その他の症状